読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BASE開発チームブログ

フリーミアムなネットショップ構築サービス BASE( https://thebase.in )の開発チームによるブログです。開発メンバ積極募集中! https://www.wantedly.com/companies/base/projects

BASEドメインをご利用の全てのショップで常時SSLが使えるようになりました

皆さん。こんにちは。BASEの藤川です。

今年の4月頃に、BASEドメインの常時SSL化の取り組みについて発表させていただきました。

thebase.in

リリース時は、新規登録ショップのみの対応だったのですが、本年の9月末に、全てのBASE社においてご提供しているドメイン(thebase.inや、shopselect.netなど...)をご利用のお店においてSSLがお使いいただけるようになりました。

3月末以降に登録したお店は、最初からSSL対応になっていたのですが、それ以前からお店を開いている場合は、お店の管理画面の方でSSLをオンにしていただく必要があります。

そのやり方ですが、ショップ管理画面の「ショップ設定」にある、「SSL設定」を有効にしていただくだけです。

f:id:f-shin:20161004003434p:plain

この変更によるお客様への影響は、いくつか想定がございます。

  1. Google アクセス解析の変更や、Google Webマスターツールの再登録が必要になります。
  2. それ以外の外部サイトもURLの変更が必要になる場合がございます。
  3. この設定変更に伴うSEOの影響については考慮はしておりますが、100%影響がないという保証はございません。
  4. SEO上の混乱を防ぐために一度SSLに変更したら原則的に戻す機能は提供しておりません。(http://に戻すことは可能です)
  5. httpでアクセスしても、httpsにリダイレクトされますので、これまでの外部リンクは切れません。

(SEOへの対策としまして、httpからhttpsへの恒久的な引っ越しを示す、301リダイレクトおよび、HTML上のcanonical URLの記述により、検索エンジンのクローラに、SSLサイトへ変更されたという誘導を行っており、最大限の配慮を致しております)

検索エンジンクローラの視点では、サイトの引っ越しという扱いになりますので、ショップ様のご判断でSSLへの設定変更をお願い致します。

また、独自ドメインをお使いのショップ様については、もう少しお時間をください。年内を目処に作業を進めております。

そもそもSSL対応って何?

SSL対応というのは、お手持ちのブラウザと、サーバの間の通信を暗号化し、仮に通信経路で情報を盗聴されても、送信したクレジットカード番号や個人情報が漏洩しないようにする通信方式になります。

http://○○.thebase.in ではなく、https://○○.thebase.in などとhttpsからから始まるURLが特徴です。

クレジットカードやメールアドレスをサーバに送信する画面では、暗号化するのは最低限のWebサーバのセキュリティの常識となっております。BASEにおいても、リリース当初から、決済やメールアドレスを登録する画面はSSLページで構成されております。

今回のSSLの対応は、従来のセキュリティが求められるページの対応ではなく、通常の商品ページなどをSSLに対応する変更となります。

そもそも今回の変更が何故必要なの?

これはインターネットを取り巻くトレンドの変化が影響しております。

昨今、世界中で、スマートフォンから町中で簡単に接続できる無線LANスポットがあります。無線LANスポットの中では、暗号化されていない通信方法や、悪意のある者によるニセの無線LANのアクセスポイントを提供し、通信内容を盗聴するリスクが懸念されています。そのため、無線LANに流れる通信内容は、すべてSSLで暗号化しておきたいというセキュリティ上の見解があります。

この見解を元に、Androidを提供するGoogle社、iPhoneを提供するApple社は、現在、フルSSLへの変化を推し進めております。

その施策の一つとして、2017年から徐々に、Googleのブラウザ(Chrome)において、SSLを使っていないページにアクセスした際に、ブラウザ上で警告を表示するようになる予告をしております。

2017年初頭においては、クレジットカード情報を送る画面などが警告の対象になり、徐々に、全ての非SSL画面において警告を出す予定である旨が公開されています。

当社では、このようなインターネット業界の変化に先んじて対応し、全ての画面をSSL化しておくというのが、今回の取り組みとなっております。

BASEが保有するドメインについては、9月末にて全てのショップ様にSSL化する機能を提供いたしました。 今後、独自ドメインもSSL化できるような作業を進めてまいります。

私共は、BASEショップをお使いの方々に、安心してお店を運営に専念いただける開発を続けてまいります。 年末から来年にかけてSSL化の話題も増えていくかと思いますので、ご都合の良い時に、SSLの設定もご活用いただきますようお願い申し上げます。