【EOF2019資料公開】社員100人規模のWebサービスにおけるエンジニアリングマネジメント

こんにちは!BASE株式会社の藤川(えふしん)です。

2019年10月31日開催されたEOF2019 (Engineering Organization Festival 2019)というエンジニアのチームマネジメントに携わる人達のイベントに、スポンサーとして参加すると共に登壇してまいりました。

こちらが当日の発表資料になります。

プレゼンテーションの目的としては、エンジニアのマネジメント業務はクリエイティブな仕事であり、エンジニアリングの延長線上でしかないんだよ!ということを知って欲しい。その結果として、エンジニアリングマネージャに挑戦する人を増やしたいというものです。

なお、BASE株式会社に僕がCTOとしてジョインした時には、すでにエンジニアが何人かいる状態でした。一応、BASE創業直後から技術顧問として週一あらわれるおじさんとしてBASE社には通っていましたが、ちゃんと会社の中に入ってみると、それまで全然見えていなかったものがたくさん見えるようになり、当時は高速道路の合流車線を全力で走るような感じでどうにかCTOとして活動開始した記憶があります。

その頃の組織課題から、徐々に開発者が増えていって、今の段階にまでなる時の話をさせていただきました。おそらく同じようなフェーズから今後成長していくスタートアップのCTOやEMの人たちが少しでも参考になればと思っての情報共有です。当然、個々の事情はケースバイケースでしかありませんが、何かの参考になれば幸いです。

なお、あくまでもマネージャに興味ある人向けのプレゼンテーションなので、その役割については少し煽るような表現も入っています。マネジメント業務に興味がない方などで不快に思われる方がいらっしゃったら先んじて謝罪しておきます。

なお、当時のBASEの状況は、調べるおさんも記事にしてくれていて、当時のメンバーを知っている僕はつい泣いてしまう記事だったのでこちらもよろしかったら是非。

mochi.click