名刺をリニューアルしました!

こんにちは、Design Groupに所属している森(@mrkzk)です!

少し前にBASEでブランドプロジェクト始めましたという記事を公開したのですが、今回はその一環で行われた名刺リニューアルにフォーカスしてお話ししたいと思います。

なぜ名刺リニューアルを行ったのか

勉強会やミートアップでたびたび「可愛い!」とお褒めいただくBASEのこの名刺

f:id:aiyoneda:20191119131051p:plain

実はこの名刺、代表の鶴岡がデザインしたものなんです、BASEのマルチカラー全開で可愛いですよね。 可愛い。可愛いのですが!よくよく見ると、、現在のブランドガイドライン上だとブランドを毀損していることになります。そしてちょっと情報が多い。

f:id:aiyoneda:20191119131112p:plain

今回のリニューアルではブランドプロジェクトの一環でこの背景に溶け込んでしまったティピを救いBASEのブランドを守ることをメインに、プラスでBASEのそれぞれの個性や、ニュートラルな印象を落とし込んだデザインに変更することにしました!

まずはプライオリティ高めのブランド保持とデザインの方向性

今回のメインであるブランド保持のための変更と、理想をリストアップ

現状

  • ブランドが守られていない(溶け込みティピ、BASEという文字単体での使用)
  • 名刺の情報に制限がなく人それぞれで情報量が多すぎることがある
  • トレンドからやや外れてきている
  • 当初選んだ紙や印刷からどんどん外れていき、クオリティにムラがある
  • SNSアカウントの記入が任意なので、人それぞれバラバラ

理想

ブランドガイドラインに沿ったもの!

フォント、ロゴを正しく使う

BASEのフレンドリーさはそのままに今っぽく

マルチカラーを生かしたフレンドリーな雰囲気はそのままに、個性とニュートラル感のあるもの

広い世界に向けて

グローバルを意識し、英語表記も作成

紙質と色の再現

名刺交換をした相手の方が思わず触りたくなる紙質かつ、マルチカラーの淡い色をしっかり再現できる印刷

リニューアルにあたって行ったこと

名刺を配る機会が多いカスタマーサクセス、エンジニアのメンバーにヒアリング

過去に名刺で困ったエピソードやあったらいいな、という要望を聞いたり

他社さんの名刺を研究

素敵なところをリストアップしたり

業者選び

仕上がりや納期、初回150名分のデータ入稿に適しているかなど

紙選び

手触り重視!そしてロゴの発色が綺麗に表現できるかを見極めるのが難しい・・・

個性の表現

特殊な印刷方法を採用するなど、BASEらしさの表現

運用方法

非デザイナーでも情報を修正したり追加したりできるような、誰が運用しても一定のクオリティを維持できる運用方法

など、様々な過程がありましたが。記事の中ではいくつかピックアップしつつお話します!

名刺データ運用の懸念と解決策

懸念

デザインだけでなく名刺データを運用していく際の懸念もありました。 BASEの名刺はAiデータでテンプレート化されており、新入社員分の発注や既存の名刺の肩書き変更を行う際にもデザイナーデータを変更することがなく(とてもありがたいことに)HRのメンバーが情報を流し込み、入稿してくれています。

ですが、ここ数年で部署名が変更されたり、肩書きなども細分化されていったことでリニューアル前のテンプレートデザインでは既存の運用が担保できなくなっている箇所がいくつかあったりと、改善が必要でした。 また、SNSアカウントの数や種類にルールがなく、人によって情報がマチマチなので運用が大変、なのでSNSは廃止しよう!!とメモを公開したところ、、

f:id:aiyoneda:20191119131151p:plain

このようにエンジニアさんから強い要望があったのでこちらも残しつつルールを設けてスッキリさせることにしました!

解決策

という経緯を元に、今回テンプレートを、テンプレート兼入稿データにすることに。

【必須】部署名や肩書き(1行or2行)、名前

【任意】電話番号、メールアドレス、SNSアカウント(Facebook,Twitter,GitHub,Instagram)

で構成し、電話番号、メールアドレス、SNSそれぞれ任意であり、SNSを載せる場合には一つだけ選ぶというルールを設けました。 また、人によって情報が1つだったり3つだったり、SNSの指定もそれぞれですが、 1つだったテンプレートを - 肩書き1行 - 肩書き2行 の2つに増やしました。

そして項目Maxの3つを電話番号から順にテキストで用意し、不要なものは消す、という少しアナログな形式ではありますが非デザイナーでも扱いやすいテンプレートにしました。

また、インプット、削除をしやすいよう、すべてをテキスト情報に変換するため、電話番号やSNSアカウントなどのアイコンはFontAwesomeでテキストとして出力しています。 (さわる必要のないロゴや会社情報はズレてしまうと困るのでレイヤーでロックしています)

f:id:aiyoneda:20191119131249g:plain

試作に試作を重ね完成!!

色味や角丸の綺麗さを見るため小ロットでいくつかの業者にお願いし試作を繰り返し、 その中でもっとも紙の手触りがよく、しっかり色が出た業者さんを選びました!それがこちらです! (諸事情により独特な配置となっておりますがご愛嬌)

f:id:aiyoneda:20191119131317p:plain

5色展開

BASEのロゴであるマルチカラーから選べる5色でメンバーの個性を表現

紙質

しっとりと手に馴染み思わず撫でたくなるようなラミネート加工

デザイン

横向きでトレンドかつBASEのニュートラルな印象を表現

日英対応

表は日本語表記、裏面(カラー)は英語表記

最後に

ざっくりとした流れではありますが以上がリニューアル内容です。 5月下旬から始動して手元に届いたのが8月中旬だったので時間にして2ヶ月半弱かかりましたが、発色も良く可愛くできているし、何より一番懸念していた運用も、人事からは「テンプレ分かりやすい!」とのリアクションをもらい、今のところ問題なくまわっていそうなのでやってよかったー!!!と達成感に溢れております!

BASEのメンバーと名刺交換のお相手の間に今まで以上に素敵なコミュニケーションが生まれますように!